カードローンの基礎知識や賢い使い方をご案内

カードローンを利用するときに必ず知っておかなければならない
基礎知識としては、金利と利息があります。

カードローンを利用すれば利息を支払わなければなりません。
利息は借り入れた金額に対する割合で計算されることになります。
この割合を金利と呼ぶのです。

金利

金利というと、基本的には
1年間に支払わなければならない利息の金額を指します。

ですから、例えば、
金利が15%のカードローンを使って、
50万円を借りれば、1年後には7万5千円の利息を
支払わなければならなくなります。
10%なら5万円です。

同様に金利が18%のカードローンで 10万円を借りれば、1年後には1万8千円の利息を
20%なら2万円となります。

実際には月々返済することで元金が減ってゆくので、
上記の計算よりも利息分は小さくなります。

金利が低ければ利息の金額が小さくなるということも知っておかなければなりません。

金利というのは、つまりお金を借りるためのコストだと考えておきましょう。
資金調達コストと言っても良いでしょう。

基礎知識として知っておきたいことはたくさんありますが、
まずは金利と利息について理解することが、もっとも重要なことだと考えられます。

「キャッシング」と「カードローン」の違い

カードローンというのは、少ない金額から借りることができ、
使用目的は自由で、毎月決められた金額を返済するリボ払いという返済方法になっています。

それに対し、キャッシングの場合の返済方法については、
借入れを行った翌月に一括返済を行うというのが一般的でした。
しかし、最近では、キャッシングの場合でも、返済方法にリボ払いを採用することが
一般的になっており、カードローンと比較して大きな違いというのは無くなってきています。
カードローン会社の種類にてより詳しく解説します。
稀に勘違いをしている方がいますので念のため記載しておきますが
カードローンは借入をする人に対して金融機関が提示している商品名でしか
ありません。但し、大枠で考えるとその商品名で今回説明したような差があるのは
事実です。例えばクレジットカードについている枠をカードローン枠とは表記しません。
消費者金融は現在両方表記をしているところが増えてきていますがこういった
差しかないというのが大きな解釈としては正しいかと思います。

銀行系カードローンのキャッシングは総量規制対象外

銀行系のカードローンやキャッシングは総量規制外だということを
把握しておくことが必要となってきます。

銀行だけ特別扱いになるのを不思議に思う人もいると思いますが、
銀行は銀行法という法律によって規制されている、
ということを知っていればすぐに理解できるでしょう。

消費者金融や信販会社は貸金業法に基づいて貸し付けを行っています。
総量規制は貸金業法によって定められた規制ですから、
消費者金融や信販会社は規制されますが、銀行は規制されません。

キャッシングの失敗を無くす為の総合情報 - お金の匠ちゃん

カードローンのメリットとデメリット

カードローンのメリットとしては、住宅ローンや自動車ローンなどと違って
使用目的が自由であるということと、借入れの際に担保が不要で、
契約の手続きが比較的簡単であるという点です。
また、お金が必要な時にすぐに借入れを行うことができ、
返済は毎月一定額を支払うリボ払いが可能であるというのもメリットです。

カードローンのデメリットは、住宅ローンや自動車ローンなどよりも借入れの限度額が低く、
金利は高めであるという点です。
また、気軽に借りられることから、借り過ぎてしまう可能性があるということもデメリットと言えます。