カードローンとクレジットカードの違いについて

カードローンとクレジットカードの違いについて

カードローンとクレジットカード、
似ているようですが実は違いがあります。

まず、ショッピングができるかどうかというものです。
もちろんショッピングができるのはクレジットカードで、
ショッピングができないのはカードローンということになります。
カードローンのカードを店に出して、
カード払いといっても受け付けてもらえません。
それが可能なのはクレジットカードのみです。

ではキャッシングについてはどうかというと、カードローンはもちろんそれを行うことは可能です。

キャッシングができるクレジットカードもあるけれど

一方クレジットの場合、できる場合とできない場合があります。
クレジットでキャッシングができるようにするためには、
カードにキャッシング枠というのが設定されていないといけません。
年会費無料で誰でも入れるようなクレジットの場合ですと、
このキャッシング枠がない場合も多いのです。

枠が欲しい場合には、申し込みの際に枠を要求するか、
あるいは利用していくうちに枠を要求していくかということになります。
最近、ショッピング枠を使った現金化ということが、クレジットで行われております。
ただしこの場合、金利は通常のカードローンと比べても大分高いです。

カードローンは比較的シンプルなシステム

次に、関係してくる機関や人物が異なってきます。
カードローンの場合には非常にシンプルな構造となっております。
登場人物は、基本的には利用者とカードローン会社ということになります。
利用者がカードローン会社からお金を借りて、
借りたお金に関しては利用者が直接ローン会社に返済をする。
こういった二社間の取引で成り立っています。

一方、クレジットカードの場合にはもう少し登場人物が増えてきます。
利用者とカード会社は同じですが、そこに加盟店と銀行が加わってきます。
加盟店というのは、ショッピングなどをするお店のことです。
利用者がショッピングをすると、加盟店はカード会社に代金を請求します。

そしてショッピングで利用したお金は、カード会社でなく、銀行から引き落としとなるケースが多いです。
銀行はカード会社に対して、カード利用代金を振り替えてくれるのです。