カードローンの借り換えの条件とは

より有利なサービスがあれば、カードローンを借り換えることも
視野に入れて検討をするべきでしょう。
有利なサービスを見つけたとしても、借り換えに使う事ができない場合もあります。
ですから、使う事ができる条件を把握しておく必要があるでしょう。

借入限度額に注意しておく

特に注意しておかなければならないのが限度額です。
現在のカードローンの残高と同じ金額を借りる事ができなければなりませんから、
限度額がそれだけあるのかどうかを確認しておく事は必要となってきます。
もう今後はカードローンを使わないという人であればぎりぎりの金額でも良いのですが、
もう少し借りたいという人の場合には現在借りている金額に、
今後借りたい金額を加えて、その金額の限度額が設定されているものを
選ぶ必要があるのです。

すでに年収の3分の1を超えている場合には、
総量規制によって新たに口座を開設できない場合もあります。
このような場合でも、有利な借入ができる場合には口座開設をすることができます。

例えば、金利が低くなれば例外として扱われ、口座を開設する事ができるのです。
総量規制に引っかかってしまう場合には、
元から総量規制のない銀行に相談するのも良い方法です。

カードローン会社の大手であれば、借り換えのための専用のローンを
提供している事もあります。このようなサービスを利用すれば、
総量規制の対策もしてくれて、有利に借り換えができる場合も多いです。
相談窓口が充実している金融機関もあります。