カードローンの審査基準

それぞれの事情やシチュエーションに併せて、インターネット、メール、電話、来店、ATM利用
といった方法で申し込みを行うカードローンですが、この時に用意しておかなければならないのは、
氏名と住所と年齢を確認できる身分証明書、それに個人年収を確認できる収入証明書などです。
こういった要素に不安がない方はカードローンのお申込みについてをご覧下さい。

カードローンの審査基準

職業、勤務先、勤続年数といった個人詳細に添えて
これらの証明書を提示することによって、
自分にどれくらいの返済能力があるのかを示してみせるわけです。

これを受けてカードローンを提供する側の銀行や
消費者金融ではこれらのデータが審査基準に
叶っているかどうかをチェックします。

特に厳重にチェックされるのが、申請者が過去に同様のカードローンやキャッシングにて
返済が滞ったり、法的手続きを行ったりしていないかということです。
これらの信用情報に引っかかるとサービスを利用できない可能性が高まってしまいます。

これに加えて、各社の審査基準にあわせる形で融資の可否、
そして融資限度額の設定がケースごとに行われていきます。
もちろん公務員などの安定した職種で高収入であれば限度額は高めに設定され、
なおかつ、過去に幾度も同社を利用して完済を繰り返している人であれば信用が増し、
この場合も限度額が高めになる場合があります。

カードローンの厳しい審査は金利が安い

カードローンの審査の基準は金融会社によって異なっていますが、
審査が厳しいほど金利が安いという傾向があります。
一般的には、銀行は審査が厳しいですから、金利は安いことが多く、
消費者金融の場合には審査は審査はあまり厳しくなく、収入さえあれば審査に通りますから、
高い場合が多いでしょう。

クレジットカード会社は、消費者金融と同じくらいです。
ただ、これは一般的な傾向ですから、個別のカードローンを比較してみると逆転することもあります。

カードローンと総量規制について

貸金業法に総量規制が導入されたことによって、
カードローンで借り入れることのできる金額に上限が定められました。
その金額は年収の3分の1です。

例えば、年収が420万円の人なら、借り入れることのできる金額は130万円までとなります。
この規制は貸金業法の規制によるものですから、クレジットカード会社や消費者金融は
この規制が適用されますが、銀行が提供しているカードローンは総量規制の対象外
となりますから、独自に限度額が決められます。

カードローンの審査においての他社借入れ状況

カードローンの審査には他社での借入状況が影響します。
まず数についてですが、3つくらいまでは影響しないようですが、
それよりも多くなってくると通らなくなることが多いでしょう。

また、金額の面でも影響してきます。他社から借り入れている金額の合計が
大きくなると返済が難しいと判断されて、やはり通らなくなります。

借入をしていなくても口座を開設しているだけで審査に通りにくくなりますから、
申し込む前に口座を解約しておくのも良い方法です。