主婦のカードローン利用について

主婦のカードローン利用

庭内において財布の紐を握るのは実際には主婦の仕事です。
それゆえ日常の中でどうしてもやりくりが難しくなった場合に
これらの客層がカードローンを利用する機会も
生じてくることでしょう。

また女性ならではのファッションブランドや
ママ友どうしのお食事会などの費用にも、
カードローンが抜群の利便性を発揮するはずです。

気をつけたいのはカードローンのお申込みについてです。
専業主婦には収入を証明するものもありませんし、返済能力を保証するものもありません。
けれどもこれらの利用者のによるニーズを深く理解し、
これらの層にも利用者としてのターゲットを拡げて
融資を認めてくれる金融機関も数多く存在するのが実情です。

まずはどこのカードローンに申し込むかを品定めする段階で
条件に「主婦」と明示されているものを中心にあたるのがポイントです。
はじめから無闇に申し込みを行ってしまうと、その分、審査に落ちる回数が増えてしまい、
これが度を越してしまうとおのずと信用情報に汚点を残してしまう可能性が生じます。

できれば今後のことも考え、審査は一発でパスできるように
事前の下調べをしっかりと行っておくとよいでしょう。

また最近では女性向けの特別相談ホットラインなどを設ける消費者金融も増えています。
これらを充分に活用することで、不安や疑問点などをスッキリ解消して臨みたいものです。

主婦のカードローンの難しさ

主婦がカードローンの利用するのは難しいといわれることが多いようですが、
これは収入の有無によって異なります。

カードローンの利用条件の中には、安定した収入があることというように、
収入に関する項目が定められているのが一般的です。
ですから、収入がないとたいていは審査に通りません。

パートやアルバイトをしているのであれば収入を得ることができますから、
この場合には審査には通りやすいといえるでしょう。収入の有無は審査に大きな影響を与えるのです。

主婦のカードローン審査

主婦がカードローンを利用するためには審査を受ける事が必要ですが、
もしも専業主婦の場合には銀行系カードローンのほうが適していると言えるでしょう。

消費者金融や信販会社の場合には、貸金業法によって総量規制がしかれていますから、
収入がなければお金を借りることができなくなっています。

銀行系カードローンは総量規制が適用されませんから、
収入のない人でも審査に通ればカードローンを利用することができるというメリットがあります。

主婦のカードローンと総量規制

主婦がカードローンを利用するときにネックとなるのが総量規制です。

総量規制では、年収の3分の1までしか借りることができないと定められていますから、
無収入の人は借入をすることができないのです。
この点について把握しておくことが必要となってきます。

では、どうすれば良いのでしょうか。主婦とは言っても、バイトやパートなどで
収入を作れば借入をする事はできます。
また、銀行など、規制のかからないところで借入をするというのも良い方法です。