カードローン即日融資って本当に即日で借りられるのか

カードローンとひとくちにいっても、そのサービスを提供する会社はいくつかの種類にわけられます。
この中でも特に即日融資を得意としているのが、消費者金融系の業者です。

契約後にはほぼ24時間利用可能なカードローンですが、
初めての利用で申し込みから即日融資を受けたい場合には、
どういった点に注意が必要なのか考えてみたいと思います。

消費者金融が即日融資を得意とする理由とは

まずは銀行と消費者金融のこれまでのなりたちと現在の状況について。
銀行で借りるのが最も低金利ですから、すべての利用者が銀行を利用すればよいのですが、
そういうわけにはいきません。返済能力に乏しいと判断された場合には、
審査を通過することができないわけです。こういった時に借り入れできる業者がなければ、
審査に通過できなかった利用者は路頭に迷うことになります。

そういった方たちのニーズに合わせる形で、少し金利は高いけれど審査に通りやすく、
即日での融資が可能な借入れ先業者として、古くから成り立ってきたという歴史をもっているのが、
消費者金融であるといえます。

銀行では即日融資はできない?

上記のような理由から

・銀行=審査に時間がかかる
・消費者金融=即日融資が可能

という図式がかつてはありました。
しかし、近年では両者の距離は確実に近づいてきたといえます。

というのも、銀行にしても消費者金融にしても、数年前のリーマンブラザース経営破綻など、
世界的な不況に加えて、特に消費者金融では貸金業法の改正のために、
グレーゾーン金利の撤廃や、総量規制の導入など、大きな打撃を受けざるを得ない
変革期に同時に襲われたといえます。

銀行では個人向け融資に力をいれるべく、迅速な審査システムを、
消費者金融では、融資のための資本として安定した資金を必要としていました。
こういった流れから、両者は資本提携や保証業務の提携という方向で協力することになったのです。
すべての銀行や消費者金融とまではいきませんが、
ほとんどの場合が何らかの形で、提携を結んでいるといえるのが現在の状況です。
結果として、

消費者金融 ⇒ 銀行に匹敵する低金利での融資
銀行     ⇒ 消費者金融に匹敵する迅速な審査

こういったサービスを行うことが可能となってきているわけです。

即日融資を受けたい場合の申し込み方法

消費者金融の場合

急ぎでお金を借りたい、即日融資を受けたい場合の申し込み方法について、
まず、消費者金融では大手業者であれば
店頭窓口、無人契約機、WebなどのPC、スマホからの申し込み。
これらのどの方法でも即日融資が可能です。

これはそれぞれの業者のサイトにもしっかりと明記されているので、
わざわざここで触れることでもないかもしれませんが、あえて全般的な対応状況をまとめると、
店頭窓口や無人契約機では営業時間内であれば、基本的にいつでも即日融資が可能です。
もちろん閉店時間の10分前などでは、対応できない場合もあります。
審査はおよそ30分~40分程度で完了するので、この時間を差し引いた時間に足を運べばその場で融資を受けられます。

PC、スマホからの申し込みでは、振り込みでの融資が基本になりますので、
振り込み先として指定する金融機関が、振り込みに対応している時間内に
審査が終了する時間までに申し込みを行うことが即日融資の条件です。
具体的には、振込先が銀行の場合なら15:00が閉店時間ですから、
そこから申し込みと審査にかかる時間を差し引いた時間、
およそ14:00ぐらいまでに申し込みを行うことが条件といえます。

銀行の場合

銀行においても大手銀行では、ほとんどの場合に即日融資に対応しています。
店頭窓口か店頭に設置されている自動契約機、さらにはPC、スマホからの申し込みの
どの方法においても即日融資が可能ですが、銀行そのものが営業時間内であることが前提となります。

また、消費者金融の場合と同様に、審査にかかる時間を差し引いた上で、
申し込みを行う必要があります。審査にかかる時間は銀行にもよりますが
およそ30~60分程度、このあたりは銀行のサイトなどで確認しておく必要があります。

土日祝日は消費者金融の無人契約機のみ

さて上に挙げた条件は、平日の場合のお話です。
土日祝日は銀行は営業していませんし、消費者金融でも無人契約機の設置が進んだ現在は
営業している店舗はほぼありません。つまり無人契約機のみが土日祝日に
即日融資を受けられる唯一の申し込み方法となります。