カードローンのやってはいけない使い方

カードローンは使い方次第ではとても便利なものです。賢い使い方についてはいろいろと書いてきましたが、やってはいけない使い方についてもちょっと考えてみたいと思います。

申し込み時にやってはいけないこと

まず、申し込み時にやってはいけないことについて。 申し込み時というよりも、借りる前段階も含めての話で、 本当にそのお金が必要なのかということです。

手軽にお金を借りることができるサービスとして用意されているカードローンですが、 お金を借りる目的によっては、借りることそのものが相応しくない場合もあります。 これは利用者それぞれによって基準が違いますから、一概にいえるものではありませんが、 お金を借りることで本当に達成できる目的なのか?他に手段はないのか? またその目的そのものを達成する必要があるのか? を熟考してから行動に移すべきといえます。

また、申し込み時に本来必要な金額よりも多めに借りてしまうというのも、気持ちとしては理解できますが、限度額の範囲内であれば何度でも借り入れが可能な点もカードローンの特徴ですから、もしも本当に足りなければ追加で借り入れをすればよいのです。

借り入れ後にやってはいけないこと

上記の文章とは矛盾してしまいますが、追加での借り入れは極力しないようにしましょう。 これは本当に必要なお金かどうか?という点ともリンクしてきますが、安易な追加借入は危険です。もっとも大きな理由としてはカードローンの返済がほとんどの場合、 リボルビング返済となっていることです。

リボ返済は、複数回にわけて借り入れを行っても、月々の返済額が一定なので負担が少なくてすむのがメリットですが、全体の借入額が把握しにくいため、ついつい借りすぎてしまい、限度額いっぱいまで借りてしまうという危険性があります。 そうなってしまうと、さらに他社からの借り入れが必要となり、多重債務そして 債務整理が必要なケースにまで発展してしまう可能性があるわけです。

また、お金を借りるのだから当然の話ですが、きちんと返済をすることはやはり重要です。 毎月の返済日に遅れずにしっかりと返済することで、信用度が上がります。 限度額もさらにアップする可能性もあります。
しかし返済が遅れたり、滞ったりすると 当然ながら信用度は下がり、場合によっては全額分を一括返済するよう迫られる場合だってあります。そこまでいかなかったとしても、遅延や延滞が頻繁にある場合には、 個人信用情報に事故情報として記録されてしまうこともあります。 わかりやすくいえば俗に言うブラックなどともいわれる状態です。

こうなってしまうと、その後の他の借り入れにも影響を及ぼすことになります。 例えば住宅ローンや自動車ローンなどの審査に通らなくなってしまう可能性があるということです。

このようにカードローンは、その利便性と危険性がある意味で 表裏一体、背中合わせになっているともいえます。 こういった点を充分に理解した上で利用するのが賢い使い方であるともいえます。